ミャンマー版Facebook、初日に8千人が登録

【ローカル】【情報・通信】【社会】 2018919

 Facebookのミャンマー版といわれる「MMソーシャル」が9月8日にリリースされ、初日に8千人が登録したことがわかった。同SNSを開発・運営するMMソーシャル・ゾーン社の発表をThe Voice紙が9月9日に伝えた。

 発表によると、「MMソーシャル」で利用できる機能は、ユーザープロファイル作成、記事の投稿、「いいね」やコメントの投稿、メッセンジャー機能によるメール通信、グループによる意見交換などで、ビデオ通話や音声通話は当面できない。ユーザーからは、写真が投稿できない、検索ができないなどの不満の声が上がっている。

 MMソーシャル・ゾーン社は「準備期間が2か月しかなかった。2週間以内に不具合を修正し完全なものにする。本場のFacebookにはかなうわけがない」とコメントした。リリースのタイミングが国軍最高司令官のFacebookが閉鎖された時期と重なったため、同SNSは国軍と関係があるのではないか、との批判があがった。これ対しては「まったく関係ない。たまたま時期が重なっただけだ」と反論した。

center_bn_premium

最新記事一覧