MTSHがチャウピュー経済特区にも投資へ

【経済】 2018912

 ティラワ経済特区の運営会社であるミャンマー・ティラワSEZ・ホールディングス(MTSH)が、チャウピュー経済特区にも投資するため、落札者である中国中信集団(CITIC)と話し合いを行っていることがわかった。MTSHのウイン・アウン社長の発表を7Day Daily紙が9月2日に伝えた。

 ウイン・アウン社長は「ティラワ経済特区での経験をチャウピュー経済特区にも活かしたい」とコメントした。同社長は、MTSHは中国企業とカチン州政府が共同で開発するカチン州ミッチーナ経済発展ゾーン(約4,700エーカー)のプロジェクトに対しても投資する意欲を見せている。

center_bn_premium

最新記事一覧