ドル高に伴い生活物資や食料品の値上がりが顕著に

【経済】 2018821

 生鮮食料品など基礎的生活物資の物価が直近の2か月間で大幅に値上がりしていることがわかった。ヤンゴン市内バインナウン卸売市場の話を7Day Daily紙が8月12日に伝えた。

 調べによると、2018年6月からドル高チャット安が進行したことに伴い、生活物資や食料品の値上がりが顕著になっているという。

 6月初旬から8月初旬にかけての物価の変化は、鶏肉(ブロイラー、1ビス1.6キロあたり)4,500Ksが6,800Ksに、鶏肉(地鶏)8,500Ksが13,000Ksに、ガミッチン(フナの一種)3,500Ksが4,000Ksに、ガジン(鯉の一種)4,000Ksが5,500Ksに、ヤギ肉18,000Ksが25,000Ksに、空心菜(1束)250Ksが400Ksに、キャベツ1個500Ksが1,000Ksとなっている。

center_bn_premium

最新記事一覧