2020年までに和平プロセスが完了の見通し

【政治】 2018720

政府・国軍と少数民族武装勢力が和平について話し合う「第3回21世紀ピンロン連邦平和会議」において、武装勢力側の調整役が2020年までに和平プロセスが完了するとの見通しを発表した。連邦和平協議合同委員会(UPDJC)の少数民族武装勢力代表のサライン・リャン・モンサー・ガウン副委員長の発言をThe Daily Eleven紙が7月13日に伝えた。

同副委員長は「民主主義...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

M-Tower

最新記事一覧