マグェー管区の特産品に日本企業が関心

【経済】 2018716

 

6月30日~7月1日に東京都内で開催された中小企業物産展にマグェー管区の特産品である木綿とカラヤガムを展示したところ、日本企業から関心が寄せられたと7Day Daily紙が7月7日に伝えた。カラヤガムは別名アラビアガムと呼ばれ、カラヤという木の幹から分泌される樹液を乾燥したもの。増粘剤や菓子類の安定剤として広く利用価値がある。

パコック市内で紡績業を営むニー・...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

center_bn_premium

最新記事一覧