ミャンマー国内での就職者数が減少し、海外出稼ぎ者が急増

【社会】【経済】 2018706

 

5月以降、国内の就職者数が大幅に減少し、海外への出稼ぎ労働者が急増していることが労働・入国管理・人口統計省の統計によりわかった。7Day Daily紙が6月25日に伝えた。

統計によると、今年の1月の国内就職者数は22,000人だったが、5月は13,000人と大きく減少。一方、海外出稼ぎ労働者は毎月15,000人~18,000人で推移しているが、5月に23,000人と大きく増加した。

主な出稼ぎ先はタイやマレーシアで、5月のタイへの出稼ぎ労働者数は約20,000人で前月より8,000人増、マレーシアへの出稼ぎ労働者数は1,600人で前月より300人増加している。

 

center_bn_premium

最新記事一覧