三菱グループ、ミャンマーにエレベーターを寄贈

【企業】【観光】 2018417

三菱商事と三菱電機は4月3日、ヤンゴン市内の仏教の聖地シュエダゴン・パゴダに対して参拝客用のエレベーター(定員20人)を2台寄贈した。開業式典の模様を7Day Daily紙が4月4日に伝えた。
三菱商事のニー・ニー副部長は「東門のエレベーターは設置後20年が経過し老朽化し、故障が多かった。そのため、当社が新しいエレベーターを寄贈することにした。これからも功徳を重ねていくつもりだ」とコメントした。
寄贈されたエレベーターは1台5万米ドル相当。三菱商事はシュエダゴン・パゴダに対し、2013年にオーディオ・ツアーガイド機40台、2014年にピックアップ型トラック2台、2015年に西門の外国人用休憩室を改装、2017年に南門にエレベーター2台をそれぞれ寄贈している。
pagoda.jpg

center_bn_premium

最新記事一覧