ヤンゴン市開発委員会が民間10社と公開会社設立へ

【経済】 2018320

ヤンゴン市開発委員会(YCDC)は、建設大手10社と公開会社を設立すると発表した。タン副事務局長の発表を7Day Daily紙が3月11日に伝えたもので、公開会社の名称はヤンゴン・インフラストラクチャー・デベロップメント(YIDP)で、ヤンゴン市内の道路の高度化、上下水道の整備、ごみ処理の事業を担当し、都市開発事業は除外される。
タン副事務局長は「YCDCと民間10社が合弁会社を設立する形態。主に道路の高度化を行う。他にどのような事業を行うかは話し...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

M-Tower

最新記事一覧