JFEがティラワ経済特区に薄板生産工場を建設

【企業】【経済】 2018309

JFEグループは、ティラワ経済特区ゾーンB内に建材用の薄板生産工場を建設する。3月1日に着工式が行われた。The Voice紙が3月2日に伝えた。
事業母体はシンガポールに拠点を置くJFE・メランティ・ホールディングの100%子会社であるJFE・メランティ・ミャンマーで、投資額は8,500万米ドル。2020年に稼働が開始される予定。工場には溶融亜鉛めっきラインとカラーラインが設置され、建物の屋根、壁、構造材料などの建設用薄板を生産・販売する。生産能力は年間18万トン。
JFE・メランティ・ホールディングの持ち株比率はJFEスチール:35%、JFE商事:15%、伊藤忠丸紅鉄鋼:15%、阪和興業:15%、メランティ:20%。

premium

最新記事一覧