FMI Decauxがヤンゴン市内のバス停500か所ををグレードアップ

【企業】【社会】 2018201

FMI Decauxは1,300万米ドルを投じ、ヤンゴン市内のバス停500か所をグレードアップする。同社の発表をThe Voice紙が1月23日に伝えた。同社はフランスのJC Decaux(ジーセー・ドコー)とミャンマー財閥FMIグループとの合弁会社。ヤンゴン管区政府が行った入札でバス停のグレードアップと広告事業で落札した。
同社の説明によると...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。

初回に限り7日間完全無料・いつでも解約可能!

Premium21022

最新記事一覧