「レオパレス21 ミャンマーオープン2018」1月25日から

【イベント/セミナー】【プレスリリース】 2018124

アジアンツアーと日本ゴルフツアー機構が共同主管する男子プロゴルフトーナメント「レオパレス21ミャンマーオープン2018」が1月25日(木)からの4日間、パンライン ゴルフクラブ(7,103ヤード、パー 71)で開催される。
開催に先立ち、開催地のパンラインGCにて出場選手らによる開催会見が行われた。この会見には、ディフェンディングチャンピオンのS・ノリス選手、T・シノット選手の他、日本選手を代表して本年のJGTO選手会長で今年から日本ツアーを主戦場にする石川遼選手が出席。大会の開催概要説明のあと、各選手より本大会に対する意気込みが語られた。
石川選手は「初めてのミャンマーで非常に楽しみにしている。今週も是非優勝争いしたい」と語り、「グリーンが今週のカギになると思うので、きちんとチェックをして臨みたい」と話すなど、先週のリベンジを誓った。

center_bn_premium

最新記事一覧