メモリーズ・グループ、シンガポールで上場後、株価が48%上昇

【マーケット】【企業】【経済】 2018117

メモリーズ・グループが株式をシンガポールの株式市場に上場後、株価が48%上昇したことがわかった。7Day Daily紙が1月6日に伝えたもので、発表によると、上場前の株価は1株あたり0.25シンガポールドルだったが、上場とともに大量の買いが入り0.37シンガポールドルに上昇したという。
(1シンガポールドルは約83.5円 ※2018/1/17現在)
メモリーズ・グループは、ミャンマー財閥FMIグループの傘下ヨマ・ストラテジック・ホールディングスが株式の47.6%を所有している。同社の主な事業は、古都バガンやインレー湖における気球による観光ビジネスや、パンライン・ロッジホテル、パアンロッジホテル、アジアホリデー旅行社などの運営を行っている。

center_bn_premium

最新記事一覧