年末年始の仏教行事で大幅な交通規制

【社会】 20171229

ヤンゴン管区交通管理局は、年末年始に行われる仏教行事に伴い、ヤンゴン市内中心部で大幅な交通規制を行うと発表した。同局の発表をThe Voice紙が12月22日に伝えた。
発表によると、12月31日の午後4時から1月1日の正午までシュエダゴン・パゴダ周辺の以下の道路の通行が禁止される。ウーウイザヤ通り、ダマゼーディー通り、西シュエゴンダイン通り、イェーターシェー通り、チャートーヤ通り、ウータウンボー通り、バハン通り、シュエダゴンパゴダ通り、ミョーマチャウン通り、アローン通り、アーザーニー通り。
また、仏教の聖地シュエダゴン・パゴダが一時的に入場が禁止されることも明らかになった。12月31日午後4時から2018年1月1日の正午まで一般の入場が禁止される。仏教行事はヤンゴン管区政府と国民民主連盟(NLD)が合同で行うもので、ミャンマー全国から18,000人の僧侶が参加する。
ミャンマー観光ガイド協会のアウン・トゥン・リン会長は「またギリギリになって発表した。シュエダゴン・パゴダの観光をツアー日程に組み込んでいる旅行社は日程を変更する必要が発生するだろう。もっと早く知らせることができないものか」と不満をあらわにした。

center_bn_premium

最新記事一覧