ヤンゴンに高速道路と地下鉄の建設を検討

【ローカル】【社会】 20171213

建設省とヤンゴン管区議会、交通・通信・建設・工業委員会が、ヤンゴン市内に高架式高速道路と地下鉄の建設を検討していることがわかった。The Voice紙が11月29日に伝えた。
11月24日に行われた建設省の会議で同省のウイン・ティン次官が「ヤンゴン市内の交通渋滞を解決するために、高架式高速道路と地下鉄の建設工事を2020年に開始できるよう日本政府と協議を続けている。日本政府から融資が得られ次第、すぐに工事を開始したい」と述べた。
高架式高速道路はヤンゴン市内ダウンタウンのボータタウンパゴダとトゥワナ、南オカラッパ、北オカラッパ、ミンガラドンを結ぶ。地下鉄の建設については、地場のシュエ・ヤダナーアウン社がヤンゴン管区政府のピョー・ミン・ティン首相に提案書を提出している。

center_bn_premium

最新記事一覧