バゴー工業団地への外国投資が急増

【経済】 20171121

 バゴー管区政府のウイン・テイン首相は、バゴー工業団地への外国投資が急増していると発表した。ノルウェーJotun社の工場開所式に出席した際の発言を国営新聞「Myanmar Alinn」が11月10日に伝えたもの。
 同首相は「ヤンゴンには港や空港があり、高度な人材が確保できるため外国投資に最適な場所。バゴー管区はヤンゴンに近く将来開通するアジアハイウェイにもアクセスが良く、土地も豊富にある。労働者も集めやすく、ハンタワディ国際空港の建設計画もある。そのため、ヤンゴンの次はバゴー管区が注目されている」とコメントした。
 Jotun社の開所式には在ミャンマー・ノルウェー大使のほか、マッタ・ルイーセ王女も出席した。同社の会長は「ミャンマーは急速な発展を遂げているアジア地域の中心的な存在だ。天然資源も豊富にあり、人口も5,300万と豊富だ。ミャンマーは投資するのに最適な国だ」とスピーチした。

center_bn_premium

最新記事一覧