ミャンマーの最低賃金改定、経営者側は4,000Ksを希望

【政治】【社会】【経済】 20171116

最低賃金の改定について、経営者側は日額4,000Ksを希望していることが労働・入国管理・人口統計省のミョー・アウン次官の話によりわかった。The Voice紙が11月6日に伝えたもので、11月4日に行われたミャンマー商工会議所連盟本部での公聴会に経営者側の代表者25人が出席し、政府側に意見を述べた。

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

M-Tower

最新記事一覧