ミャンマー労働組合連盟、日額6,600Ksの最低賃金を要求

【政治】【社会】【経済】 20171030

ミャンマー労働組合連盟は、改正手続き中の最低賃金について日額6,600Ksを要求すると発表した。ヤンゴン市内オーキッドホテルで10月17日に行われた記者会見で発表されたものをThe Voice紙が10月18日に伝えた。
同連盟のゾー・ウイン中央委員は「ヤンゴン、マンダレー、バゴー、ザガイン、カレン、シャンの各管区・州で調査した結果、1日の生活費は平均6,600Ksかかっていることがわかった。労働大臣は日額4,000~4,800Ksが妥当との見解を発表したが、これは個人的意見にすぎない」とコメントした。
新たな最低賃金は12月に開催される政府、労使、国会議員、専門家によるワークショップで決定される予定。

center_bn_premium

最新記事一覧