ミャンマー労働組合連盟、日額6,600Ksの最低賃金を要求

【政治】【社会】【経済】 20171030

ミャンマー労働組合連盟は、改正手続き中の最低賃金について日額6,600Ksを要求すると発表した。ヤンゴン市内オーキッドホテルで10月17日に行われた記者会見で発表されたものをThe Voice紙が10月18日に伝えた。
同連盟のゾー・ウイン中央委員は「ヤンゴン、マンダレー、バゴー、ザガイン...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

M-Tower

最新記事一覧