ミャンマーの2018年向け自動車輸入政策が発表、すべて左ハンドル指定に

【経済】 20171026

車輸入・関連業監督委員会は、10月16日付で2018年向け自動車輸入政策を発表した。これによると、輸入される車両はすべて左ハンドル指定となった。 Myanmar Alinnが10月17日に伝えたもので、輸入できる車の種類と年式は以下通り。

(ア) 老朽化した車の代替政策により車を輸入する場合(委託販売を含む)
(1)乗用車(排気量1350cc以下の車も含む):2014年~2018年
(2)トラック:2014年~2018年
(3)バス:2014年~2018年
(イ)個人がフリーパーミットにより車を輸入する場合
(1)乗用車(排気量1350cc以下の車も含む):2016年~2018年
(2)トラック:2014年~2018年
(3)バス:2014年~2018年
(ウ) 通常の輸入ライセンスにより車両を輸入する場合(国外から無償で輸入する場合も含む)
(1)乗用車:2016年~2018年
(2)事業用車:2014年~2018年
(3)事業用の重機:2009年~2018年
(4)消防車:2007年~2018年
(5)救急車:2007年~2018年

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

center_bn_premium

最新記事一覧