30年間でヤンゴン市のエリアが2倍に拡大

【社会】【経済】 20171025

ヤンゴン市開発委員会(YCDC)は、過去30年間でヤンゴン市のエリアが2倍以上に拡大したと発表した。The Daily Eleven紙が10月14日に伝えた。
YCDC環境保護・清掃局のソー・ウイン・マウン副局長は「1985年当時のヤンゴン市のエリアは133.643平方マイルだったが、2017年には292.426平方マイルに拡大し、約160平方マイルも増えている」と語った。(1平方マイルは、およそ259ヘクタール)
2014年に行われた国勢調査によるとヤンゴン市の人口は520万人だったが、労働・入国管理・人口統計省は、2017年10月1日現在のヤンゴン管区内の人口を男:3,769,778人、女:4,166,589人、合計:7,936,367人と推定している。

center_bn_premium

最新記事一覧