日立産機システムのミャンマー現地法人が16億円分の大型受注

【企業】【経済】 20171016

株式会社日立産機システムのミャンマー現地法人である日立・ソー・エレクトリック&マシナリーは、ミャンマー政府から配電用変圧器5,400台を受注した。受注金額は1,500万米ドル(約16億円)。The Voice紙が10月3日に伝えた。
ミャンマー政府は国内の電化率を2030年までに100%とすることを中長期目標として掲げ、世界銀行が資金協力を行っ...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

M-Tower

最新記事一覧