ヤンゴン市内の火力発電所が100MW増強

【社会】 2017918

ヤンゴン市内のタケタ天然ガス火力発電所に新タービンが設置され、発電能力が100MW増強されることがわかった。工事を担当したSPECO IIIが9月6日に発表したもの。
同社プロジェクト監督者のZhang Yushi氏は「ミャンマー全体の52%の電力...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

M-Tower

最新記事一覧