Grabが今後3年間で1億米ドルをミャンマー市場に投資へ

【企業】【情報・通信】【社会】【経済】 2017906

タクシー配車アプリなどを展開するGrabは、今後3年の間に1億米ドルをミャンマー市場に投資し、事業を拡張すると発表した。
投資計画にはヤンゴン市からミャンマー全国に配車サービス網を拡張、携帯アプリを利用した電子決済サービス「Grabpay」の普及、小売店における代金決済の普及、ミャンマー全国で従業員200人を雇用などが含まれる。
Grabはマレーシア、シンガポール、フィリピン、タイ、ベトナム、インドネシア、ミャンマーの7か国で事業を展開、5,500万人が同社のアプリを利用している。ヤンゴン市内には7万台のタクシーが登録され、6千台がGrabと提携している。
[7Day Daily] 2017/8/27

center_bn_premium

最新記事一覧