ヤンゴンの火力発電の稼働は来年暑季から

【ローカル】【社会】 2017809

 電力・エネルギー省のトゥン・ナイン副大臣は、ヤンゴン管区に設置された火力発電装置の稼働は来年暑季からになると明らかした。7月27日に行われた人民代表院(下院)の会議で同副大臣が議員の質問に答えたもの。
 これまで電力・エネルギー省は、今年の暑季に間に合わせるため、機器の到着後45日以内に稼働を開始できるとしていたが、1年延期されることになった。
 この発電装置は天然ガスと軽油の二元燃料タービンを使用したもので、ヤンゴン・ファンド社と米ゼネラル・エレクトリック(GE)が導入、設置した。6月6日にタービンが到着したが、制御システムの不具合が発生していた。
[7Day Daily] 2017/7/29

center_bn_premium

最新記事一覧