ミャンマーの新型インフルエンザ、死者が10人に

【社会】 2017803

 保健・スポーツ省は7月30日に定例記者会見を開き、7月21日から30日までの期間にインフルエンザA(H1N1)型によりミャンマー全国で死者が10人に達していると発表した。7月30日現在、罹患の疑いのある患者数は102人で、51人が陽性反応を示している。
 ヤンゴン人民病院に5人、北オカラッパ(ウェーバーギー)病院に3人、ネピドー人民病院に1人の感染者が隔離され、治療を受けている。
 豚インフルエンザウイルスに起因するとされるH1N1型は、2009年に世界的な流行が見られた。
[Myanmar Alinn] 2017/7/31

center_bn_premium

最新記事一覧