ミャンマーの縫製業が好調、3か月の輸出額が4億米ドルに

【経済】 2017712

今年度の4月から6月末まで委託加工貿易による縫製業が好調で、3か月の輸出額が4億米ドルに達していることが経済・貿易省の統計によりわかった。前年度の同時期と比べ1億米ドル増加しているという。
ミャンマー縫製業協会のミィン・ソー会長は「縫製業は2014年から良くなっているが、今年は特に好調だ。EUによる一般特恵関税制度(GSP)の適用が再開されたことが大きい。欧米企業が国内に縫製工場を建設する計画はないが、注文数は激増している」とコメント。その上で「ミャンマーの縫製業は外国から加工賃しか受け取れない。糸、生地、ボタンが国内で生産できるように国外から技術や資本を導入しなければならない」と問題点を挙げた。
ミャンマー国内には400以上の縫製工場があり、主な輸出先は日本とEUとなっている。
[The Voice] 2017/7/3

center_bn_premium

最新記事一覧