ミャンマー政府、農産物の取引に2%を課税する方針を発表

【政治】【経済】 2017614

ミャンマー政府は、50万Ksを超える農産物の取引に対し、前払い制の収入税2%を課税する方針を発表した。これに対し、農民や業界団体から反対の声が上がっている。
ミャンマー米協会のミョー・アウン・チョー副会長は「ミャンマーの農民は米の収穫期に買い取り価格が下落し、低価格で籾が買い取られるという問題に直面している。この政策には全く同意できない」と批判した。
農民は、...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

M-Tower

最新記事一覧