ミャンマーの在庫輸入中古車、5月末に扱いについて発表へ

【経済】 2017523

主に日本から委託販売制度により輸入された中古車で、売れ残った在庫に対する扱いについて、5月末に政府から発表されることがわかった。経済・貿易省のミィン・ハン局長が明らかにしたもの。4月6日に行われた関係各省庁間の会議で、売れ残った在庫について廃棄証明書(スリップ)なしで400万~600万Ksの税金を支払うことにより販売できるとの決定がされたが、公式の発表が遅延していた。
ミィン・ハン局長は「スリップなしで販売できると決定している。ただし、ヤンゴン管区ナンバー以外であることが条件。あとは大臣がサインするだけだ。5月末までには発表できる。」とコメントした。
政府は当初、6月末までに販売できなければ、車の製造国に返送しなければならないと発表していた。
[7Day Daily] 2017/5/13

中古車.jpg

center_bn_premium

最新記事一覧