ミャンマーで水上タクシーを6月中旬から運行開始

【社会】 2017516

ヤンゴン市内の河川を運行する水上タクシーが6月中旬から営業をスタートする。同事業を落札したティン・ティン・ミャンマー社のティン・ティン・ルイン社長が5月5日に記者会見を開き発表した。
同社によると、事業の投資額は3,700万米ドルで、将来的に100隻以上の船で運行するという。船の種類は定員200人、120人、60人の3種類で、第1段階としてラインターヤーとヤンゴン市内ダウンタウン(ボータタウン埠頭)を結ぶルートを運行する。所要時間は1時間20分、運賃は初乗り300Ksで、始発から終点まで500Ks。第2段階はダウンタウン(東側)のニャウンダンと北ダゴンを結ぶルート、第3段階はダウンタウンとタンリン(スターシティ)を結ぶルートを運行する。
テイン・セイン政権時代、運輸省水運局がラインターヤー~ダウンタウン間のフェリーを運行させたが、利用者が少なかったため中止となった。船着場へのアクセスが確保できるかが課題となっている。
[7Day Daily] 2017/5/7

center_bn_premium

最新記事一覧