ミャンマーの雨季入りが平年より2週間遅れる予報

【ローカル】【社会】 2017508

気象学者のトゥン・ルイン博士は、今年の雨季入りは平年より2週間遅れるとの予報を発表した。
予報によると、ミャンマー南部では、平年5月5日ごろに雨季入りのところ今年は5月20日に、デルタ地帯は5月25日、中部と北部は6月1日となる見込み。トゥン・ルイン博士は「雨季入りが2週間遅れるため、サイクロンが上陸する可能性が高くなった」と警戒を呼びかけた。
現在、ミャンマー全域で大気が不安定な状態が続いており、気象庁は積乱雲による突風や竜巻、大雨、ヒョウに対して警戒するよう呼びかけている。
[7Day Daily] 2017/5/1

center_bn_premium

最新記事一覧