双日、ミャンマーに和食をテーマにしたフードコートをオープン

【ローカル】【企業】 2017323

双日は3月22日、ミャンマー小売最大手のシティ・マート・グループ(以下CMG)と外食事業を開始し、ヤンゴン市内の複合オフィスビルであるスーレー・スクエア地下1階にフードコート「東京・ダイニング・シティ(TOKYO DINING CITY)」をオープンさせた。双日及びCMGの食品輸入卸会社であるアークティック・サン社との合弁で設立した事業運営会社の双日・シティ・フードを通じて進められた。
周辺地域のビジネスマンをターゲットとし、和食を中心としたメニューを豊富に揃え、夜にはアルコール類を提供するなど、新たなフードエリアとして注目を浴びている。今後も同社はCMGが展開するスーパーマーケットなどと連携し、順次店舗を拡大、2020年までに売上高5億円以上を目指す。双日はこれまでもCMGと共同し、コールドチェーン物流事業、CMGの食品輸入卸事業への経営支援などを手掛けてきた。

170323.JPG

center_bn_premium

最新記事一覧