ミャンマー政府、インフレ率抑制のため来年度から徴税を強化

【政治】【経済】 2017215

ミャンマー政府はインフレ率を抑制するため、2017年度から徴税を強化する。今年度(2016年度)の歳入を6兆2千億Ksと見込んでいるが、来年度(2017年度)は6兆5千億Ksを目指す。2016年4月1日から9月末までの6か月間の税収は2兆5,480億Ksで、見込みより4千億Ks多くなっている。
経済専門家のラ・マウン氏は「政府による増税と徴税の強化が成功すれば、財政赤字が減りインフレを抑制できる。そうなれば、物価も安定する。発展途上国の多くは、税制でインフレや物価の上昇をコントロールしている」とコメントした。
[7Day Daily] 2017/2/5

center_bn_premium

最新記事一覧