ミャンマー国内生産ガソリンの品質を向上

【社会】 2017130

 電力・エネルギー省によると、ミャンマー国内産のガソリンのオクタン価をRON92レベル(日本で販売されているレギュラーガソリンに相当)に引き上げ、今年中に販売を開始することがわかった。現在のミャンマー産ガソリンの品質は、RON70レベルと品質が低い。同省の担当者は「あと4~5か月で品質が向上したガソリンが販売できるだろう」とコメントした。
 2011年以前、外国産のガソリンはほとんどなく、国内産のガソリンのみが使用されていたが、現在では外国産のガソリンが市場を席巻し、国内産ガソリンはヤンゴン市内ではほとんど見られなくなった。国内産のガソリンの生産量は1か月あたり600万ガロンで、政府関係機関が100万ガロン使用し、500万ガロンが国内に流通している。
 2015年、ミャンマーでの消費量は、ガソリンが4億ガロン、ディーゼルが8億ガロンだった。
[7Day Daily] 2017/1/21

center_bn_premium

最新記事一覧