ミャンマー国内生産ガソリンの品質を向上

【社会】 2017130

 電力・エネルギー省によると、ミャンマー国内産のガソリンのオクタン価をRON92レベル(日本で販売されているレギュラーガソリンに相当)に引き上げ、今年中に販売を開始することがわかった。現在のミャンマー産ガソリンの品質は、RON70レベルと品質が低い。同省の担当者は「あと4~5か月で品質が向上したガソリンが販売できるだろう」とコメントした。
 2011年以前、外国産のガソ...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

center_bn_premium

最新記事一覧