ミャンマーで日本製の中古自動車価格が急上昇

【社会】【経済】 2017116

ヤンゴン市内の中古車市場で、日本製の中古車の相場価格が急上昇していることがわかった。2017年向けの車輸入政策により、フリーパーミットによる車輸入は左ハンドルに限定されるため、ミャンマー人に人気の排気量1350cc以下の車が実質的に輸入できなくなったことが要因とみられる。
ホンダ・フィットやトヨタ・プロボックス、ヴィッツなどの相場価格が200万~400万Ks値上がりしているが、市場では売主はさらに値上がりを期待して積極的に売ろうとせず、買主は急な値上がりのため買い控えをしていることにより、売買自体は低調となっている。
[The Voice] 2017/1/4

中古車.jpg

center_bn_premium

最新記事一覧