ミャンマーのエーヤワディ管区で大規模開発計画が浮上

【経済】 20161216

ミャンマー地場企業のエイシア・パシフィック・ファイナンス(Asia Pacific Finance)は12月5日、エーヤワディ管区パテイン市の南西60マイル(約96km)に位置するシンマ地域(別名:ガヨッカウン地域)において、深海港および工業団地を建設する計画をシンガポールのAPOOL社と合弁で行うと発表した。2010年に原案を連邦政府に提出、MOA(合意覚書)を締結済みという。
同社の発表によると、2017年~2021年の第1期に長さ400メートル、深さ15.7メートルの深海港、コン...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

center_bn_premium

最新記事一覧