日本政府の支援でミャンマー中部のマグエー総合病院を改修

【社会】 20161214

日本政府はミャンマー中部に位置するマグエー総合病院を改修、高度化するため22億8,100万円を限度とする無償資金協力を行う。交換公文の調印式は12月7日にネピドー市内で行われ、樋口建史・在ミャンマー日本大使と計画・財務省のマウン・マウン・ウイン大臣が調印した。
この資金協力は、マグエー総合病院に対して施設および機材を整備することにより、同病院の医療サービスが向上し、国民の生活水準向上に寄与することが期待されている。
このほか、ヤカイン州に対して新造旅客船を寄贈するために10億円、国連世界食糧計画(WFP)を通じた食糧援助を行うため3億円をそれぞれ供与するための交換公文にも調印が行われた。
[Myanmar Alinn] 2016/12/8

center_bn_premium

最新記事一覧