ロシア企業がミャンマーで原子力の平和利用を模索

【社会】 20161103

ロシアの国営原子力企業ロスアトム社が、ミャンマー新政権に対し原子力発電所の建設を含む原子力の平和利用に関してアプローチしていることがわかった。ロスアトムの東南アジア地域担当副社長が10月26日に明らかにしたもの。
同氏は「新政権と原子力の平和的利用に関する枠組みについて、同意に向けて努力している。ミャンマー新政権は原子力発電所の建設について関心がないようだが、農業...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

center_bn_premium

最新記事一覧