ヤンゴン証券取引所、売買は低調

【経済】 20161028

ヤンゴン証券取引所のテ・トゥン・ウー上級部長によると、同取引所で株式の売買を行っているのは、1日あたり数千人しかいないことがわかった。売買を仲介する証券会社5社に取引口座を開設した人は約2万人いるが、現在1日あたりの出来高が低調だという。
同部長は「上場されている銘柄が3つしかないため、国民の関心が薄くなっている」とコメントした。
ヤンゴン経済大学の元教授イー・イー・ミィン氏は「ミャンマー国民は短期間で利益が得られる投資案件しか興味がない」と分析した。
[7Day Daily] 2016/10/22

center_bn_premium

最新記事一覧