ミャンマーのカンボーザ銀行が中国・ユニオンペイとクレジットカードを発行

【経済】 20161026

ミャンマー国内の大手銀行であるカンボーザ銀行は、中国のユニオンペイと共同でクレジットカードを発行した。世界160カ国で利用可能。
クレジットカードはクラシックとプラチナの2種類があり、前者は月収が30万ks以上、後者は200万ks以上が条件。カンボーザ銀行のスェー・ジン・ウイン部長は「このカードの特徴は1枚発行すると同時に、家族カードを最大4枚を追加で発行できること。ローンの場合、年利は13%だが、45日以内に全額返済の場合、利息はつかない。借入れは10万~500万ks」と説明した。
ユニオンペイのアウン・ナンダー・チョー部長は「今年中にミャンマー国内の民間銀行6行とも提携してクレジットカードを発行する」とコメントした。
[The Voice] 2016/10/20

center_bn_premium

最新記事一覧