ミャンマーのホテル・観光分野の投資額はシンガポールがトップ

【社会】【経済】 20161014

ホテル・観光省のライン・ウイン事務次官補は10月4日、ミャンマーのホテル・観光分野への外国投資額でシンガポールがトップであると発表した。
発表した統計によると、各国の投資額は以下のとおり。
シンガポール:16億2400万米ドル、タイ:4億4500万米ドル、ベトナム:4億4000万米ドル、香港:1億8000万米ドル、韓国:1億ドル、日本:7300万米ドル、マレーシア:2300万米ドル、イギリス:1400万米ドル。
同省は2020年に外国人入国者数が749万人に達すると予想している。
[7Day Daily] 2016/10/5

center_bn_premium

最新記事一覧