シンガポール外相がミャンマー前大統領のテイン・セイン氏と会談

【政治】 2016527

シンガポールのビビアン・バラクリシュナン外相は5月19日、ミャンマー前大統領で連邦団結発展党(USDP)党首のテイン・セイン氏と会談したことがチャンネル・ニュース・アジアの報道により明らかになった。
会談にはテー・ウー副党首、ティン・ナイン・テイン事務総長など同党の幹部が出席、両国間の航空路線の拡張や相互投資の促進などが話し合われ、テイン・セイン前大統領はシンガポール政府の長年にわたる協力に対して謝意を述べた。
テイン・セイン前大統領は総選挙前、政界から引退し故郷で農業をすると発言していたが、連邦団結発展党の党首として政界に残っていることも明らかになった。
[The Daily Eleven] 2016/5/20

center_bn_premium

最新記事一覧