ミャンマー・ティラワSEZホールディングがヤンゴン証券取引所に上場

【経済】 2016527

ティラワ経済特区を開発・運営するミャンマー・ティラワSEZホールディング社が、5月20日にヤンゴン証券取引所に上場し株式の売買が開始された。上場記念式典には同社の主要株主9社の代表者などが出席した。
初日は買い希望50万株に対して売りは5千株。4万ksで取引きが開始されたが、株価はストップ高となる5万ksまで上昇した。
ヤンゴン証券取引所は大和グループなどの日本企業とミャンマー経済銀行との合弁会社が運営している。今後、1ヶ月に1社のペースで上場企業が増える見込み。
[7Day Daily] 2016/05/21

center_bn_premium

最新記事一覧