ミャンマーで外国人向け不動産賃貸が好調

【経済】 2016513

水掛け祭り後、外国人向けの不動産賃貸が活発化している。5月2日に不動産関係者が明かした。
欧米人にはヤンゴン市内のマヤンゴン、南オカラッパ郡区の一戸建て住宅が人気で賃貸料は1ヶ月あたり100万~500万ks。特に広い庭があり、エアコン、家具が揃った戸建物件に人気が集まっている。一方、日本人や中国人にはコンドミニアムの賃貸が多いという。
コンドミニアム法が施行されたが、ミャンマー国内の不動産売買は停滞したままの状態。不動産業界は外国人向けの賃貸に関心が移っている。
[7Day Daily] 2016/05/03

center_bn_premium

最新記事一覧