ミャンマー法務諮問委員会、政治運動を抑圧する法律の修正・廃止を検討

【政治】 2016420

連邦議会内に設置された法務諮問委員会は、政治運動や言論の自由を抑圧するすべての法律について、修正または廃止される方向で検討していることを明らかにした。
シュエ・マン元下院議長が委員長として就任している同委員会は、ミャンマー国内で施行されているすべての法律をチェック。民主主義の原則にそぐわない法律142本を修正または廃止するように議会に進言、その中で政治運動や言論の自由を抑圧する「1950年緊急事態対処法」、「刑法第505条(国家不敬罪)」、「平和的な集会・デモ行進に関する法律」の3本を新政権で廃止にするよう提案している。
これらの法律が廃止されれば、国民は自由に集会やデモ行進を行うことができ、民主化の進展を象徴する画期的なこととなる。
[7Day Daily]

center_bn_premium

最新記事一覧