ミャンマー法務諮問委員会、政治運動を抑圧する法律の修正・廃止を検討

【政治】 2016420

連邦議会内に設置された法務諮問委員会は、政治運動や言論の自由を抑圧するすべての法律について、修正または廃止される方向で検討していることを明らかにした。
シュエ・マン元下院議長が委員長として就任している同委員会は、ミャンマー国内で施行されているすべての法律をチェック。民主主義の原則にそぐわない法律142本を修正または...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

M-Tower_Ad1912

最新記事一覧