日本の格闘家ラウェイで惨敗、ローキックに沈む

【イベント/セミナー】 2016215

日本の総合格闘技家が参戦するミャンマー格闘技ラウェイの大会「HEROES vs SAMURAIS」が2月14日、ヤンゴンのテインピュースタジアムであった。日本からはNAOKI選手と金子大樹選手がラウェイのチャンピオンらに挑んだ。
メーン試合でソー・ゴー・ムド選手と対戦したNAOKI選手は第1ラウンド開始直後、ソー選手の強烈な右ローキックを右ヒザに受けダウン。執拗に続くソー選手のローキック攻撃で右足を負傷したとみられ、第1ラウンド前半に3つのダウンを喫しセコンドがタオルを投げた。
一方、金子選手は第1ラウンドからミャンマーのタペー・ミョ選手と激し...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

M-Tower

最新記事一覧