ミャンマー、10歳未満の14%が噛みタバコ

【社会】 2016208

ミャンマーは東南アジア諸国の中でも噛みタバコ使用者が最も多く、10歳未満の使用率は14.7%にのぼると政府の調査チームが発表した。大人の噛みタバコに対する知識が足りないことや、両親が噛みタバコ使用していることなどが影響しているとみられる。
今後、義務教育の教科書に未成年の噛みタバコに関する影響についての記載を盛り込む方針。
[The Voice]

center_bn_premium

最新記事一覧