2015年世界腐敗認識指数、ミャンマーはランク上昇

【国際】【社会】 2016208

世界各国の汚職を監視している非政府組織のトランスペアレンシー・インターナショナルは1月27日、「2015年世界腐敗認識指数(CPI)」を発表した。ミャンマーは昨年より9ランク上がったものの「世界最悪国リスト」へは依然として登録されたままであることがわかった。
今回発表されたCPIでは、168カ国中ミャンマーは147位にランク付けされた。ミャンマー商工会議所(UMFCCI)のマウン・マウン・レー副会頭は「順位が上昇して...

この記事はプレミアム会員の方がご覧になれます。
既にプレミアム会員の方は、ログインしてください。
プレミアム会員でない方は、会員登録してください。
(今なら初回に限り30日間完全無料・いつでも解約可能)

center_bn_premium

最新記事一覧