ミャンマーに第一交通ブランドのタクシーお目見え

【ローカル】【社会】 2016122

タクシー大手、第一交通産業ブランドのタクシーがヤンゴンに登場した。
同社は昨年12月にタクシーのコンサルティング事業を開始し、運転や接客の方法などをアドバイスしている。また、地場タクシー会社の車両5台に、第一交通の表示灯を設置して営業を始めた。将来のタクシー事業の立ち上げを視野に、ブランド向上を狙う。
第一交通は、北九州市に本社を構え、国内33都道府県で業界最多となる約8200台のタクシーを保有している。

1601221.jpg

center_bn_premium

最新記事一覧