ミャンマー鉄道、レール改修に計17億米ドルを拠出

【社会】 20151223

ミャンマー鉄道省は、ヤンゴン・マンダレー間の鉄道レールの改修について、合計17億米ドルを拠出する必要があるとコメントした。
現在、日本からのおよそ2億米ドルの借款により、第一段階のプロジェクトとしてヤンゴン・トゥングー区間116マイル(約187km)の改修を実施しており、残りのトゥングー・ヤミーティン区間、ヤミーティン・マンダレー区間の改修に必要な費用の調整が行われている。
[Yangon Time]

center_bn_premium

最新記事一覧