JR東日本と広島電鉄がミャンマー鉄道公社に車両を譲渡

【ローカル】【企業】【社会】 2015724

JR東日本は17日、東北地区と新潟地区で運行していた気動車9両をミャンマー鉄道公社に譲渡することを発表した。譲渡は7月下旬より行われ、これら気動車のメンテナンスを担当していた職員を短期派遣し、車両の整備、機能確認業務や、オーバーホールに関する支援も行う。
また、広島電鉄は14日、廃車予定の路面電車3編成を譲渡することを明らかにした。昨年12月に一部が開通したヤンゴン臨海線に使用される予定で、譲渡される車両の中には1950年に製造された元大阪市電のレトロな車両も含まれる。
現在、ヤンゴン臨海線は非電化で、三陸鉄道や伊勢鉄道から譲渡された気動車が走行しているが、今年10月を目途に一部区間が電化される予定となっている。

1507225.jpg

center_bn_premium

最新記事一覧