女子サッカーミャンマー代表、日本で合同練習へ

【ローカル】 2015708

ミャンマーサッカー連盟によると、2016年に開催されるオリンピックについて、2次予選に向けて準備している女子サッカーミャンマー代表チームは、日本での合同練習を計画していることがわかった。
現在、ミャンマー代表チームには代表選手26人が選出され、日々練習を継続しているが、負傷している選手2名(キン・マー・ラー・トゥン選手、タン・タン・トゥエー選手)は手術を受けたため、まだ練習に参加できていない。
女子サッカーミャンマー代表チームのエー・マウン・チー顧問は「私達はこの2次予選までに日本へ行き、合同練習するつもりだ。どのチームと合同練習するかは、日本サイドと連絡を取っているところだ」とコメントた。
[Myanmar Alinn]

center_bn_premium

最新記事一覧